Monthly Archives: April 2017

えがおの青汁で健やかな毎日を

えがおの青汁は品質にこだわりつつ美味しく飲める商品です。青汁というと「苦い」や「不味い」が一般的なイメージとして浮かびがちですが、そんな常識を破る形で作られたこの商品は、誰でも美味しくいただける様になっています。その理由の一つとして粉末が細かくなっており水などに溶けやすく、のどごしが良いので非常に飲みやすいのです。

また袋に小分けされているので一回で飲む量が分かりやすく、面倒な計測や入れる量による味の変化に戸惑う等といった事もなくなります。小分けにされているということは外出などで持ち出すのも便利であり、何時でも何処でも気軽に手にする事が出来るので、貴方の気分次第やちょっとした休憩の時にも飲む事が出来ます。

勿論ただ飲みやすいという事だけが、この商品の売りではないのです。青汁としてもっとも重要な要素の一つである野菜不足を解消するといった面でも非常に優れており、それらの不足分を補う形でも大変良い商品です。わずかコップ1杯で飲める量に様々な栄養成分が入っており、毎日の食生活に不安を感じている方をたった一袋でサポートします。

その成分にこだわった主原料には熊本県阿蘇産の大麦若葉を始め、沖縄県の長命草や高知県産生姜といった厳選された素材を多数使用しており、青汁本来の品質といった面でも考え抜かれています。それらは徹底した品質管理の下で作られているので、安全だけでなく貴方の健康を安心と共にお届けして、楽しい青汁生活を提供してくれるはずです。

 

目の網膜にも存在するタウリンの効果

タウリンはアミノ酸の一種で、栄養ドリンクなどによく用いられタウリンのサプリランキングも人気ですが、人間の体にも多く存在しています。体内のあらゆる臓器に含まれており、体重の約1%を占めると言われ、人間の生命を維持するのに重要な役割を担っています。

タウリンは肝臓の機能を高め、胆汁の分泌を促進します。胆汁は脂肪を分解する働きがあるため、タウリンは血液中のコレステロール値低下に役立ちます。また、アルコールを多く摂取した場合、分解作業が肝臓に大きな負担を与えてしまうのですが、タウリンはこの負担を軽くしてくれます。アルコールは体内に入ると、アセトアルデヒドに分解され、解毒されます。

タウリンにはこの分解を補助する効果があり、肝臓の働きに貢献しています。そしてもう一つ着目したいのは、タウリンが目の網膜にも存在するという点です。網膜にはたくさんの光受容体があり、これらは外部から感知した光刺激を脳へと伝えています。タウリンはこの光受容体にも存在しているため、網膜を守る働きがあります。